2017年10月19日 (木)

「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年 その7

第六章 金魚の上手な殖やし方 P.178~
 増殖をするまえの準備
  産卵の用意
   簡易池のイラスト掲載

  種類を手に入れる 

 親魚の上手な選び方
 産卵の準備をする
  産卵野時期
  餌のこと
  オス・メスを離別
   時期を記述

  産卵池の準備
   池の消毒
   魚巣の作り方
    魚巣の消毒法、水草の量を記述

   稚魚のための餌

  囲み記事 相談室 池のアクぬきについて

  むずかしい採卵
   採卵の方法
   産卵がはじまる
    第一回目の産卵
     ・・・五千個程度です。
     ・・・三日ぐらい直射日光が当たらないように・・・

    第二回目の産卵

   ・・・メスには多少の欠点があっても、次の代にさしたる影響は
   与えませんが、オスはできるだけ完璧な条件をそなえた魚を選
   別してください。・・・

   囲み記事 相談室 ミジンコの繁殖

  ふ化池の準備
   水深、1メートル四方当たりの卵数を記載

   ふ化をはじめたら
    ふ化と水温
     気温と孵化日数のグラフを掲載

    ふ化後最初の餌
     水替えの薪水と古水の割合を記述

    囲み記事 相談室 定温装置について

  稚魚を育てる
   選別は発育をたすける
    1回目の時期と稚魚の大きさを記述

    選別に使う道具
     選別後の収容池の1平方メートル当たりの尾数を記述
     2回目の選別の時期と大きさを記述

    ぽつぽつ体色がみられる

   囲み記事 相談室 ゆで卵の与え方

   稚魚の成長度
    孵化後6か月ごろの大きさを掲載

以上でこの本の紹介は終わりです。

---
西暦1970年=昭和45年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年10月13日 (金)

「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年 その6

第五章 金魚の病気とその対策 P.157~
 病気の予防と早期発見 ※省略
  日常の水そう管理
   酸素をじゅうぶんに
   運動できる広さを
   水温は必ず一定に
   餌料は生餌を中心に
   取り扱いはていねいに

   病気の早期発見
    行動を観察する
    体の各部の異常をしらべる

  囲み記事 相談室 底砂の効用、種類、入手先 

 動物の寄生による病気
  以下病状と治療法を記述
  チョウ
  イカリムシ
  白点病 

 植物の寄生による病気
  ワタカビ病
  マツカサ病 

 消火器系の病気
  腸炎
  便秘
   生餌を与える
   硫酸マグネシウム水溶液、ヤスターオイルを飲ませる
  消化不良 

 その他の病気
  心臓病
  気温病
   症状
    ひれや頭に小さな泡ができる。

   治療法
    ・・・ガス体は冷たい水に接すると収縮しますから、水温を低
    くして・・・

  感冒病
  尾腐れ病
  鯉お腐れ病
  白雲病
  サイクロキータ病
  うくぶくろの異常

---
西暦1970年=昭和45年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年10月 8日 (日)

「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年 その5

第四章 ランチュウの飼育法 P.136~
 もっとも豪華な金魚
  特徴 

 ランチュウを選ぶとき
  理想的な体の形
   姿勢で説明。底から4cm、15~20度
  頭の形
   餌の種類などの話

  背の形
   好ましくない背のイラストを掲載
   腰高
   一文字
   登り腰
   背瘤
   鋸腰
   帆柱

  腹の形
   好ましくない腹のイラストを掲載
   前孕み
   釣腹
   片孕み

  尾柄
   好ましくない尾柄のイラストを掲載
   筒のび
   筒しゃくれ
   筒つまり

  尾の形
   好ましくない尾のイラストを掲載
   立ちすぎ
   尾心太
   山型
   しゃくれ
   差し込み

  体色
   オスがメスより優先的に扱われる。
   珍重されるもの
   上品とされるもの
   中位のもの
   下品とされるもの 

 飼育上の注意
  飼育尾数
   7月末での選別後の尾数、10月末での尾数を記述
  給餌法
   ・・・泳ぎが上手ではありません。・・・活動も激しいものではあり
   ません。・・・消化がよく栄養価の高い餌料といったら生餌しか
   ないわけです。・・・

   餌料を与える時間
   餌の量
    体重に対する割合を記述

  囲み記事 相談室 池に水草
   採集水草の消毒法を記述

  水替え
   薪水の割合などの話

  夏の注意点
   差水をする温度を記述

  冬の注意点 

 観賞と品評会について

---
西暦1970年=昭和45年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年10月 1日 (日)

「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年 その4

第三章 金魚を飼育するコツ P.90~
 よい金魚を選ぶこと
  健康な金魚の条件
   6点記載

  色について
   ・・・「黄金色」に近い赤を選ぶよに・・・

  金魚の理想的な形
   ・・・おすもうさんの「アンコ型」のような金魚がいい・・・

  特に注意すること
   ・・・同じ種類の同じ大きさの金魚を選ぶことです。・・・

   ・・・「同じ体の大きさに成長させる」ことを目標に・・・

  囲み記事 相談室 ワキンとリュウキンの混泳 

 金魚を飼う容器
  観賞用水そう
   総ガラス製
   アングル製
   理想的な観賞用水そう
  飼育用の水そう
   ・・・「金魚を飼育すること」と「金魚を観賞する」という二つの目
   的を、狭い容器の中で混同している
ことです。・・・

   樽・桶類の利用
   ポリバケツ

 容器の大きさと飼育尾数

  水そうで飼育の場合
   30Lの場合の大きさ別尾数を記載

  池に棲まわせる場合
   1m2・水深30cmの場合の大きさ別尾数を記載

  囲み記事 相談室 代表的な生産地は 

 水質と金魚への影響
  硬水と軟水
   ・・・水が百立方センチの中に、マグネシウムやカルシウム
   を一ミリグラム含んでいたら、この水を「硬度一の水という
   ような・・・

   ・・・硬度二十以上の水であれば「硬水」で、硬度┼以下を
   「軟水」
・・・

  酸性とアルカリ性 

 水中の酸素 ※省略
  酸素の欠乏
   水温が高すぎる場合
   水面が汚れている場合
   水が白く濁った場合
   金魚の数が多すぎる場合

  酸素の欠乏と飼料 

 気温と水温の調節
  水そうで飼育する場合
   夏の管理
   冬の管理

  池で飼育する場合
   夏の管理
   冬の管理

  囲み記事 相談室 池で金魚が死んだ理由 

 水中植物と採光 ※省略
  水そうで飼育する場合
  池で飼育する場合 

 毎日の水そう管理 ※省略
  水温
  水が白く濁ったとき
  水替えについて
  水が緑色になったとき
  餌を与えるとき
  ショックを与えない 

 季節による水そう管理 ※省略
  冬の場合
  春の場合
  夏の場合
  秋の場合 

 金魚にも栄養が必要 ※省略
  炭水化物
  脂肪
  タンパク質
  ビタミン 

 天然餌料の種類 ※省略
  ミジンコ
  イトミミズ
  アカボウフラ
  貝の肉 

 植物性餌料の種類 ※省略
  植物プランクトン
  その他の植物性餌料 

 人工混合餌料 ※省略 

 餌料を与えるときの注意
  温度
  餌の量
   頭の大きさで説明
  与える時間

  囲み記事 相談室 水草の育て方・ふやし方

---
西暦1970年=昭和45年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年9月27日 (水)

「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年 その3

第二章 はじめて飼う人への知識 P.61~
 金魚たちの生活 ※省略
 金魚の泳ぎ方 ※省略
  ワキンの泳ぎ方
  ランチュウの泳ぎ方
  泳ぎ方の性質 

金魚の食生活
  餌の種類
   ペットミール、エンゼル、乾燥ミジンコ、ビタシュリンプの写真
   と価格を掲載

  囲み記事 相談室 エサの与え方 

金魚と植物のつながり ※省略
  以下の種の説明。
  ミリオフィラム
  カボンバ
  アナカリス
  ホテイソウ
  池に繁殖するもの
   スイレン
   トチカガミ
   コウホネ
   オモダカ
   クワイ

 金魚の害虫 ※省略
  以下の種の解説。
  ミズスマシ
  ゲンゴロウ
  タガメ
  コオイムシ
  タイコウチ
  ミズカマキリ
  マツモムシ
  トンボの幼虫 

金魚の体温と水温 ※省略
  体温
   冷血動物
   金魚に適した温度

  囲み記事 相談室 飼う種類と店、コツ 

金魚の感覚器のはたらき ※省略
  聴覚
  側線鱗
  嗅覚と味覚
   嗅覚のはたらき
   味覚のはたらき
  視覚

  囲み記事 相談室 簡単な池 

金魚の生殖と成長
  産卵期
   適水温などを記述

  産卵
   成熟齢などを記述

  発生
  成長

---
西暦1970年=昭和45年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年9月23日 (土)

「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年 その2

カバー
 母子がプラスチック水槽内の金魚を見ている白黒写真

この本の読者に
  ・・・金魚を飼うのはやさしくてむずかしいことです。・・・金魚を飼
 うということは、金魚の好きなくらしをさせて・・・。

  ・・・何にもまさる楽しさとなります。その楽しさを知ってもらうため
 に、私はこの本を書きました。・・・
       著者

第一章 金魚の祖先と仲間たち P.19~
 金魚には長い歴史がある
  金魚の祖先はフナ
   ・・・フナを原型として作られました。「作られた」というのは、そ
   こに「人間の意思」が加わったからです。・・・

  金魚の渡来と飼育の流行
   ・・・金魚のことを「金鱗漁」と表現されています。・・・

   囲み記事
    中国産の金魚で現在輸入されている種類にはどんなものが
    あるでしょうか。

 金魚の種類と特徴
  以下各品種の解説。気になったことを書いておきます。
  ワキン(和金または和錦)
  リュウキン(琉金)
   マメキンの作り方など

  トサキン(土佐金)
  コメット
  ランチュウ(丸子・蘭虫)
   肉瘤の場所とその名称

  オオサカランチュウ
  オランダシシガシラ
  ハナフサ(花房)

  デメキン(出目金)
   ・・・リュウキンに類似していますが、背びれの位置が異なって
   います。

   ・・・どういうわけか常に単独行動をとります。・・・

  チョウテンガン(頂天眼)
  シュブンキン(朱文金)
   ・・・交配による確率は六十パーセントといわれ・・・

  キャリコ
   ・・・アメリカ人のフランクリン・パッカードという人が名付け
   親です。・・・

  アズマニシキ(東錦)
  ジキン(地金)

  飼育されていないもの
   ワトウナイ(和唐内)
   キンランシ(金蘭子)
    ・・・以前は、ランチュウとチョウテンガンを交配し・・・

   シュウキン(秋錦)

 金魚の体の外部
  ひれ
   背びれ
   胸びれ
   腹びれ
   しりびれ
   尾びれ
  ウロコ
   ・・・光彩層があるものをウロコというのです。なかでも、光彩
   層を持たないウロコがあります。・・・「透明鱗」・・・がそれで
   す。・・・

   ・・・透明鱗と普通のウロコとが混ぜあわさっているものを、
   ザイク透明鱗
というのです。・・・

  眼の形
  頭部
   ・・・頭部だけはウロコがありません・・・

  体色

  囲み記事 相談室 水槽の規格と価格を掲載
   ガラス製丸型、ガラス製角型、スチロール製丸型、塩化ビニ
   ール製角型、プラスチック製、ステンレス枠ガラス製

 金魚の内部 ※省略
  えら
  うきぶくろ
  消火器・泌尿器
  生殖器

 囲み記事 相談室 
  金魚が死んでしまう

---
西暦1970年=昭和45年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年9月20日 (水)

「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年

「よくわかる 金魚の飼い方」 望月知行 有紀書房 昭和45年5月30日 四六判 P.201 定価420円

 著者は金魚界ではこの本でしか名前が出てきません。「ランチュウの飼育法」を章立てしているのと、出版社が無名ではないので経験、実績はあると考えられます。

 有紀書房からはこの他に、太田邦男氏や梶純夫氏が金魚の本を著しています。

 内容は中学生ぐらいからの読者を意識した作りになっているように思います。文章も上手で、漢字を押さえていて非常に読みやすいです。

 イラストも精緻ではありませんが、出来は良いと思います。白黒写真、イラストは適度に配置されています。

 また、目次だけで15ページを使うほど細かく表示していて、索引も兼ねているかのようです。

 この本は出版年も浅く、手元の本が8版発行であるように古書界では普通に出ます。札幌市の古書店からの入手しました。

【構成】
カバー
遊紙

この本の読者に
目次
 この本の読者に
 第一章 金魚の祖先と仲間たち
  金魚には長い歴史がある
   金魚の祖先はフナ
   金魚の渡来と飼育の流行
  金魚の種類と特徴
   ワキン(和金)
   リュウキン(琉金)
   トサキン(土佐金)
   コメット
   ランチュウ(丸子・蘭虫)
   オオサカランチュウ
   オランダシシガシラ
   ハナフサ(花房)
   デメキン(出目金)
   チョウテンガン(頂天眼)
   シュブンキン(朱文金)
   キャリコ
   アズマニシキ(東錦)
   ジキン(地金)
   飼育されていないもの
    ワトウナイ(和唐内)
    キンランシ(金蘭子)
    シュウキン(秋錦)

  金魚の体の外部
   ひれ
    背びれ
    胸びれ
    腹びれ
    しりびれ
    尾びれ
   ウロコ
   眼の形
   頭部
   体色

  金魚の内部
   えら
   うきぶくろ
   消火器・泌尿器
   生殖器 

第二章 はじめて飼う人への知識
  金魚たちの生活
  金魚の泳ぎ方
   ワキンの泳ぎ方
   ランチュウの泳ぎ方
   泳ぎ方の性質

  金魚の食生活
   餌の種類

  金魚と植物のつながり
   ミリオフィラム
   カボンバ
   アナカリス
   ホテイソウ
   池に繁殖するもの
    スイレン
    トチカガミ
    コウホネ
    オモダカ
    クワイ

  金魚の害虫
   ミズスマシ
   ゲンゴロウ
   タガメ
   コオイムシ
   タイコウチ
   ミズカマキリ
   マツモムシ
   トンボの幼虫

  金魚の体温と水温
   体温
    冷血動物
    金魚に適した温度

  金魚の感覚器のはたらき
   聴覚
   側線鱗
   嗅覚と味覚
    嗅覚のはたらき
    味覚のはたらき
   視覚

  金魚の生殖と成長
   産卵期
   産卵
   発生
   成長 

第三章 金魚を飼育するコツ
  よい金魚を選ぶこと
   健康な金魚の条件
   色について
   金魚の理想的な形
   特に注意すること

  金魚を飼う容器
   観賞用水そう
    総ガラス製
    アングル製
    理想的な観賞用水そう
   飼育用の水そう
    樽・桶類の利用
    ポリバケツ

  容器の大きさと飼育尾数
   水そうで飼育の場合
   池に棲まわせる場合

  水質と金魚への影響
   硬水と軟水
   酸性とアルカリ性

  水中の酸素
   酸素の欠乏
    水温が高すぎる場合
    水面が汚れている場合
    水が白く濁った場合
    金魚の数が多すぎる場合

   酸素の欠乏と飼料

  気温と水温の調節
   水そうで飼育する場合
    夏の管理
    冬の管理

   池で飼育する場合
    夏の管理
    冬の管理

  水中植物と採光
   水そうで飼育する場合
   池で飼育する場合

  毎日の水そう管理
   水温
   水が白く濁ったとき
   水替えについて
   水が緑色になったとき
   餌を与えるとき
   ショックを与えない

  季節による水そう管理
   冬の場合
   春の場合
   夏の場合
   秋の場合

  金魚にも栄養が必要
   炭水化物
   脂肪
   タンパク質
   ビタミン

  天然餌料の種類
   ミジンコ
   イトミミズ
   アカボウフラ
   貝の肉

  植物性餌料の種類
   植物プランクトン
   その他の植物性餌料

  人工混合餌料
  餌料を与えるときの注意
   温度
   餌の量
   与える時間 

第四章 ランチュウの飼育法
  もっとも豪華な金魚
   特徴

  ランチュウを選ぶとき
   理想的な体の形
   頭の形
   背の形
    腰高
    一文字
    登り腰
    背瘤
    鋸腰
    帆柱

   腹の形
    前孕み
    釣腹
    片孕み

   尾柄
    筒のび
    筒しゃくれ
    筒つまり

   尾の形
    立ちすぎ
    尾心太
    山型
    しゃくれ
    差し込み

   体色
    珍重されるもの
    上品とされるもの
    中位のもの
    下品とされるもの

  飼育上の注意
   飼育尾数
   給餌法
    餌料を与える時間
    餌の量
   水替え
   夏の注意点
   冬の注意点

  観賞と品評会について 

第五章 金魚の病気とその対策
  病気の予防と早期発見
   日常の水そう管理
    酸素をじゅうぶんに
    運動できる広さを
    水温は必ず一定に
    餌料は生餌を中心に
    取り扱いはていねいに

   病気の早期発見
    行動を観察する
    体の各部の異常をしらべる

  動物の寄生による病気
   チョウ
   イカリムシ
   白点病

  植物の寄生による病気
   ワタカビ病
   マツカサ病

  消火器系の病気
   腸炎
   便秘
   消化不良

  その他の病気
   心臓病
   気温病
   感冒病
   尾腐れ病
   鯉お腐れ病
   白雲病
   サイクロキータ病
   うくぶくろの異常 

第六章 金魚の上手な殖やし方
  増殖をするまえの準備
   産卵の用意
   種類を手に入れる

  親魚の上手な選び方
  産卵の準備をする
   産卵野時期
   餌のこと
   オス・メスを離別
   産卵池の準備
    池の消毒
    魚巣の作り方
   稚魚のための餌

   むずかしい採卵
    採卵の方法
    産卵がはじまる
     第一回目の産卵
     第二回目の産卵

   ふ化池の準備
    ふ化をはじめたら
     ふ化と水温
     ふ化後最初の餌

   稚魚を育てる
    選別は発育をたすける
     選別に使う道具
     ぽつぽつ体色がみられる

    稚魚の成長度

奥付

---
西暦1970年=昭和45年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年6月21日 (水)

「金魚と日本人」 鈴木克美 三一書房 1997年 その4

第5章 江戸時代の金魚ブーム P.151~
 1 江戸で金魚がなぜもてた
  「びいどろ」による楽しみの話

 2 びいどろの金魚玉
  ガラスの伝来、歴史などについて、製造販売の加賀屋などの話

 3 園芸時代の江戸と金魚
  染井村の花戸、伊藤伊兵衛などの話 ※ソメイヨシノの染井

 4 江戸の町の金魚売り
  主に錦絵からの解説

 5 江戸の金魚の元店はどこに
  上方、「たどんや」の淡路屋卯兵衛などの話
  ---メモ---
   麦魚=メダカ

 6 柳沢吉安と金魚の名産地
  大和郡山、横田文兵衛、佐藤藤三郎左衛門、嶋田正治、やま
  と金魚園、甲府金魚の歴史などの話

第6章 日本人と金魚 P.201~
 1 出目金が遅れて来たわけ
  金魚各種の渡来の年代、中国での種固定記録などの話

 2 金魚と変化朝顔
  遺伝、コマネズミなどの話

 3 金魚の色はこがね色
  日本、中国での「赤」の意などの話

 4 魔除けに使われた郷土玩具
  金魚提灯、金魚台車、金魚ねぷた、魔除けの赤物などの話

 5 金魚と花鳥風月

エピローグ 金魚を日本の水族館に P.237~
 見世物、養殖業者である堀口・石川・橘川、佐々木などの話

 文明開化を迎えた日本人は・・・在来の文化資産は冷遇された。
 水族館の金魚もその一つだった。・・・

以上でこの本の紹介は終わりです。

この本に出てくる金魚に関する文献
 科学と趣味から見た金魚の研究 昭和十年・1935
 金魚の文化史・書誌学的考察 昭和五十一年
 蔵六庵金魚飼養 文化七年・1810
 殖産図説 明治六年・1878
 天満天神金魚屋
 金魚養玩草 寛延元年・1796
 金魚秘訣録 寛延二、三年・1797
 金魚名類考 寛政八年・1796

---メモ---
1997年=平成9年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年6月17日 (土)

「金魚と日本人」 鈴木克美 三一書房 1997年 その3

第3章 江戸の町を金魚が行く P.83~
 1 金魚の光しんちう屋
  ・・・文亀二年・・・それから江戸時代が始まる慶長三年まで
  百一年・・・
  江戸時代の文芸での金魚の話
  真鍮屋という金魚商について様々な文献から解説

 2 江戸時代を生きた金魚
  以下の種について、古書を引いて解説

  わきん(和金)
   名前の由来、特徴などの話
   ---メモ---
    麦魚=メダカ

  らんちう(卵虫、蘭鋳、金鋳) ※らんちゅう
   名前の由来などの話
   大阪らんちゅう、獅子頭らんちゅう、出雲なんきんの話
   ---メモ---
    江人=江戸人

  りうきん(琉金) ※りゅうきん
   古書の絵からの話

  をらんだししがしら(和蘭獅子頭) ※おらんだ
   由来、箕作佳吉博士・大鮫卯平・淡路屋卯兵の説の話

  ぢきん(地金) ※じきん
   由来、牧田孫兵衛の話

  つがるにしき(津軽錦)
   由来、斎藤勘蔵の話

  とさきん(土佐錦)
   須賀克三郎の交配などの話

  はなふさ(花房) ※はなぶさ
   特産地などの話

  わとうない(和唐内)
   名の由来、松井佳一博士の交配、桂川甫賢などの話

 3 市民権を得た金魚
  ・・・元禄期はまだ・・・江戸の流行は上方の流行のコピー
  だった。・・・
  江戸時代の天井水槽、奢侈禁止令、文化などの話
  ---メモ---
   侈=シ、おごる

第4章 駆け足で通る江戸の町と江戸時代 P.122~
 この章は金魚に無関係なので内容は省略します。
 1 江戸の暮らし三百年
 2 江戸の町は物売りの町
 3 店借りの町の活力
 4 過密文化の裏表

---メモ---
1997年=平成9年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年6月14日 (水)

「金魚と日本人」 鈴木克美 三一書房 1997年 その2

---ここから本文---

プロローグ 日本の金魚と日本人 P.6~
 江戸の時代背景、行商、明治期、松井佳一博士、この本を著し
 た目的などの話

 ・・・大戦後、・・・新しく入ってきた金魚を「新中国金魚」とか「中国
 金魚」と呼んで・・・金魚の生まれ故郷が中国だったことを思うと、
 これは、少し変だった。・・・

第1章 金魚のルーツを尋ねて P.13~
 1 北陸の峠に鉄魚がいた
  朴沢博士、金沢市郊外の池などの話

 2 岡本養魚場のヒブナ
  「竹島」という名の色鯉、ヒブナの特徴、春採湖、松井博士の見
  解の話

 3 金魚はもともと何だったのか
  品種間雑種、亜種間雑種、種間雑種、属間雑種、江戸以前の
  金魚の認識の話

 4 「フナ」は今でも仮の名前
  ・・・日本の「フナ」は・・・二種五亜種に分類されている。・・・
  学名の話 アウラトゥスは「黄金色した」の意味
  フナの分類表を掲載
  中国フナの話

 5 金魚のルーツはどこに
  染色体数、小島吉雄博士の研究、小島弘博士の染色体研究、
  小野里坦博士の赤血球の研究の話

  ・・・ギンブナと違って、金魚には単性型がいないのである。・・・

第2章 金魚の誕生と日本渡来 P.46~
 1 生まれ故郷は杭州?
   中国の古書にでる「赤鱗魚」、「黄金白銀魚」、色素胞、透明
   鱗性、モザイク鱗性、アルビニズムなどの話

   ・・・赤と黄の色素は種々のカロテノイドの現す色で、これは自
   己生産できず・・・

   ---メモ---
    濫傷=ランショウ。物事の起こり。始まり。起源。
    濫=ラン、みだれる、みだりに

 2 中国金魚の大発展
  王春元の「中国金魚」、趙謙徳の「(石未)砂魚譜」ほか中国古書
  の解説
  中国金魚の品種名の付け方の話
  中国金魚の再輸入、三京水産の話

 3 戦国時代に金魚の渡来
  安達善之の「金魚養玩草」他多数文献からの解説

 4 舶来の「こがねうお」
  ポルトガル宣教師が作った辞書、平戸英国商館長コックスなど
  の話

---メモ---
1997年=平成9年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

より以前の記事一覧

ブログ村

  • にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
無料ブログはココログ