2017年8月 5日 (土)

大賀一郎関連書籍

大賀一郎関連書籍

このブログで紹介した大賀一郎博士に関連する本をまとめておき
ます。

---
昭和35年=1960年
昭和40年=1965年
昭和42年=1967年
昭和56年=1981年
昭和63年=1988年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年7月30日 (日)

「大賀ハス」 千葉市立郷土博物館 昭和63年 その4

[特別展記念講演会]ハス博士 大賀一郎 長島時子 P.33
 執筆者は恵泉女学園短期大学助教授

 吉田公平氏が紹介で略歴と大賀博士との繋がりを記述

 ・・・1950年(昭和25)千葉県の滑川から出土した須恵器の中に
 約1200年前のハスの実が入っており、それを先生が発芽させ・・・
 鴎友学園の女子生徒が・・・肥料としていわしが良いというので、
 ・・・1週間後には枯れてしまった。・・・

 ・・・年代が本当に2千年なのかとういことで・・・丸木船のカヤ材を
 ・・・その結果カヤの材は3075前後180年と出た。先生はカヤの木
 は1000年たっているのではないかということで1000年を引いて
 在2000年蓮ということになっているわけです。・・・

 ・・・先生はお金に無頓着でした。・・・食べ物がなくても「必ず誰か
 が持ってくるよ」という感じで・・・

[特別展記念講演会]古ハスの実の発掘   高野忠興
 執筆者は大妻女子大学名誉教授

 吉田公平氏が略歴と大賀博士との繋がりを記述

 東大の検見川農場・・・甘薯を作り、牛乳を搾り、ピーナツを作っ
 て職員学生に配給していた。・・・

 25年秋、大賀先生がスコップ一丁をもってやってきた。・・・何回も
 先生がやってくるので、・・・協力することにしました。

 ・・・長島時子先生は2千年ハスといわれたが、それは当時の命
 名であって、いまはそうではない。3千年ハスという。・・・

 博士号授与の順番による小倉謙教授及び弟子の前川文夫教授
 との確執の話

大賀ハス記事掲載新聞一覧 P.40~
 昭和26年3月6日~昭和62年9月12日までの日付、新聞名、見出
 し(要旨)の一覧

千葉市立郷土博物館蔵 大賀ハス資料一覧 P.47~
 寄贈者名、品名、内容を掲載

あとがき
 古蓮、検見川の古ハス、二千年バス、そして検見川の大賀蓮とよ
 ばれた蓮は・・・。

 ・・・一週間の予定が延びて35日間にわたる発掘作業、育成、開花
 と504日間、千葉の人々の手により大賀蓮は育て上げられた。・・・

 権力も経済力も持たなかった博士が・・・蓮を通して学問の真理を
 追究した情熱が、支援してくださった方々の和の力と結びつき、大
 きな力を発揮したのでしょう。・・・

   昭和63年1月 編集会議を終えて
             千葉市文化財保護審議会副会長 吉田公平

これでこの本の紹介は終わりです。

---
西暦1988年=昭和63年

関連書籍

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年7月26日 (水)

「大賀ハス」 千葉市立郷土博物館 昭和63年 その3

ハス・ミニ知識 ハスの分類と古生のハスについて P.24~
 ハスのうち、白の花色をもつ東洋産種は・・・黄の花色をもつアメ
 リカ産種・・・
 化石、古典文献、邦語の話

大賀ハスの分根先一覧 P.25~
 国内と国外の表を掲載
  国内は都道府県名と分根先として施設や個人名を記載109か所
  国外は国名と地名や団体名を記載 13か所

大賀ハスと阪本祐二先生 P.27~
 永遠なれ、阪本祐二先生 吉田公平
  4集粒花粉の研究の話など

 父と大賀ハス 阪本尚生
  ・・・実は3粒しかなかったので・・・直接、年代を測定することが
  出来ませんでした。・・・年代決定の根拠を、以前同地点同レベ
  ル層から出土した丸木舟にもとめ・・・実の年代を約3千年前と
  する説を立てたのです。・・・博士は、この説を学術論文のかた
  ちで学会に報告しませんでした
。そのため、この説は、学会か
  らは認められませんでした。・・・

  神奈川歯科大教授 豊田清修氏による疑問論陣、前川文夫
  東大教授の支持
  東大園芸試験場教授 北村文雄氏の擁護
  考古学者 吉田格氏の疑問
  日本花粉学会での発表

 ハスの花粉4集粒について 阪本祐二
  花粉学会誌より転載

大賀一郎博士と吉田公平氏序論 久保木良 P.32
 執筆者は四街道市文化財保護審議会会長

 ・・・吉田氏は・・・大賀ハスの文献、大賀博士の遺品を10余年か
 けて収集したその仕事は特筆されるべきものである。・・・

---
西暦1988年=昭和63年

関連書籍

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年7月22日 (土)

「大賀ハス」 千葉市立郷土博物館 昭和63年 その2

口絵
  カラー写真 米LIFE誌(最初に開花したハスの写真)、ハスの
  花3点
  ボタニカルアート

千葉の大賀ハス P.7~
 1 古蓮実の発見
  国学院大学教授の大場磐雄博士からの実
  検見川での発掘、大賀博士の日誌など

  ・・・3月30日(※昭和26年)・・・これ以上はもう不可能であるとい
  いだした午後5時10分頃、花園中生徒、西野真理子さんが・・・一
  粒のハスの実が発見された。・・・4月6日・・・さらに二粒の実がふ
  るい出された。

 2 発芽と生長
  千葉県農業試験場職員 石渡英夫氏による栽培記録など

  ・・・発芽実験は・・・昭和26年5月6日府中市の大賀博士宅にて
  行われた。・・・

 3 開花
  醤油醸造業の井原氏茂氏による栽培、その後の移植、株分け
  などの話

  ・・・7月18日(※昭和27年、発見の翌年)から21日にかけて見事
  に開花し・・・

 4 大賀ハスの命名と古蓮実の年代
   ・・・昭和29年3月31日付けで、千葉県天然記念物に指定され、
   この時から「大賀ハス」と呼ばれるようになったのである。現在、
   大賀蓮は、観賞用ハスの品種名として正式に採用されている。

  シカゴ大学での年代測定、坂口豊、阪本祐二氏の研究などの話

 5 平和と友好の使者
  中日友誼蓮と舞妃蓮の話

 6 発掘碑と大賀博士育英会
  大賀博士没後の話も少しあり

 7 千葉ハスの会
  杉本郁太郎氏ほかの話

 8 大賀博士のハスの研究
  妙蓮とは、蕾の時には普通の蓮とかわりないが・・・外側の花び
  らが落ちていくと中から1つの茎の上に2~12枚の丸い花がつく
  ので┼に時蓮とも呼ぶ珍しいハスである。・・・

  国内での妙蓮の移動の話

  当麻曼荼羅、藕絲(ぐうし)の話

---
西暦1988年=昭和63年

関連書籍

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年7月19日 (水)

「大賀ハス」 千葉市立郷土博物館 昭和63年

「大賀ハス」 千葉市立郷土博物館 昭和63年3月15日発行 B5判 P.56

 この本は、昭和62年度特別展「千葉の大賀ハス展」の成果物であることが、序に書かれています。

 このブログで大賀一郎氏については、関連書も含め4冊紹介していますが、書籍であるため写真等の掲載はありませんでしたが、この本に当時の資料の収集が目的とのことで、数多くの当時の写真や大賀氏の日誌が掲載されていて大変興味深いです。

 内容では、「大賀ハスと阪本祐二先生」の章で、大賀ハスの年代考証の論争について阪本氏の子息が記述していて、ハスの本を著している豊田清修氏や北村文雄氏などの名も出てきます。

 また、特別展記念講演会 古ハスの実の発掘の項で高野忠興氏は、博士号授与に係る攻防にも触れています。これは今迄紹介した書籍には出てこない内容です。

 この本は古書界にはほとんど出てきません。手元の書は葛飾区の古書店からの入手です。

【構成】
表紙
遊紙


目次
 序
 目次
 口絵
 千葉の大賀ハス
  1 古蓮実の発見
  2 発芽と生長
  3 開花
  4 大賀ハスの命名と古蓮実の年代
  5 平和と友好の使者
  6 発掘碑と大賀博士育英会
  7 千葉ハスの会
  8 大賀博士のハスの研究

 ハス・ミニ知識 ハスの分類と古生のハスについて
 大賀ハスの分根先一覧
 大賀ハスと阪本祐二先生
  永遠なれ、阪本祐二先生   吉田公平
  父と大賀ハス        阪本尚生
  ハスの花粉4集粒について  阪本祐二

 大賀一郎博士と吉田公平氏序論       久保木良
 [特別展記念講演会]ハス博士 大賀一郎  長島時子
 [特別展記念講演会]古ハスの実の発掘   高野忠興

 大賀ハス記事掲載新聞一覧
 千葉市立郷土博物館蔵 大賀ハス資料一覧
 あとがき

奥付
遊紙

---
西暦1988年=昭和63年

関連書籍

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年3月20日 (月)

アクアジャーナルの一覧 2013~2015 その6

【2013】H25 No.207~No.218
207. 1月号 世界トップレイアウト2012
208. 2月号 NAで、行こう
209. 3月号 知っておきたい水草ノート
210. 4月号 自然から学ぶ佗び寂び考
211. 5月号 創る・育てる”ネイチャーアクアリウム
212. 6月号 これが私のレイアウト七つ道具
213. 7月号 佗び草の季節/レイアウトの感性を磨け
214. 8月号 長期維持について考える
215. 9月号 SUMMER LAYOUT PROJECT レイアウト大作戦
216. 10月号 LAYOUT PROJECT レイアウト大作戦・後編
217. 11月号 TOP OF THE WORLD 目指せ世界のトップレベル
218. 12月号 レイアウトの大疑問

【2014】H26 No.219~No.230
219. 1月号 NAコレクション
220. 2月号 美しい水景デザインの基本
221. 3月号 AJ時代
222. 4月号 Aからはじめよう
223. 5月号 魚と水草のいい関係
224. 6月号 NATURE AQUARIUM GOODS 辞典
225.7月号 カンタン佗び草活用術
226.8月号 自然からの教え
227.9月号 涼を感じる夏のレイアウト
228.10月号 SO ZAI レイアウト素材を知る
229.11月号 Qからはじめるネイチャーアクアリウム
230.12月号 TOP OF WORLD 2014 トップ・オブ・ザ・ワールド2014

【2015】H27 No.231~No.242
231.1月号 群生美の極め方
232.2月号 ネイチャーアクアリウムのデザイン
233.3月号 Fish! Fish! Fish! 魚で引き立つ水景の魅力
234.4月号 世界最大ネイチャーアクアリウムを創る
235.5月号 ネイチャーアクアリウムノウハウブック
236.6月号 巨大40M水槽のすべて
237.7月号 水草コーディネイト術
238.8月号 こだわりのグッズ選び
239.9月号 素材で決まる水景の印象 / リスボン海洋水族館が
        世界一に!
240.10月号 追悼 天野 尚
241.11月号 ネイチャーアクアリウムを創る!
242.12月号 これが世界のTOP7

---

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年2月18日 (土)

「永遠の花」 大賀一郎伝記物語 市原三郎 花園詩人社 昭和41年 その4

十一、叩けよさらば開かれん P.121~
 終戦、千葉県滑川産のハスの実、東大検見川農場の話

十二、ああ検見川の地よハスの実の発見により
              汝の名は永遠に世界に残る P.132~
 協力、発掘、発見の話

十三、何も持たぬに似たれども
               すべてのものをわれ持てり P.146~
 3個の実の結果、二千年のハス開花、ハンブルグ国際園芸
 博覧会の話

十四、妻逝きぬ P.157~
 転居、養子の話、

十五、われらは讃えまつる鳩に風船に P.165~
 発掘碑の話
 ---メモ---
  揮い=ふるい。振い

十六、ハスの花に神の栄光をたたえ大賀兄ここに眠る P.179~
 病床、叙勲、死去、葬儀の話

巻末の言葉 P.201~
 ・・・博士は拙宅を訪れ、たくさんの資料を寄せられ、「私も牧野
 富太郎博士のように伝記を書かれるようになって嬉しい」とほゝ
 笑まれたが・・・

 大賀ハス記念碑除幕式 奉祝即興吟 釈 星花(著者のPN)
 大賀博士 御通夜即興吟
 大賀先生への献詩 二千年のはす発掘碑除幕式の日に
                               市原三郎

はすみ音頭 P.215~

著者略歴
明治38年生まれ、元小学校長、詩人

以上でこの本の紹介は終わりです。

---
昭和41年=1966年
関連書籍

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年2月15日 (水)

「永遠の花」 大賀一郎伝記物語 市原三郎 花園詩人社 昭和41年 その3

---ここから本文---

一、ああ操山よ心あらば彼の為に限り無き福音を伝え給え

                                   P.13~
 生地、父母、誕生、小・中学校、内村鑑三著「後世への最大遺物」
 との出会い、卒業の話

 ---メモ---
  孜=シ。孜々=シシ。熱心に努め励むさま。
  輾転反側=てんてんはんそく。なかなか寝付けずに、何度も寝
                     返りをうつこと。
          本文は誤植で反を友としている

二、父なる神よその波路を救いの舟にて乗り越え行かん

                                 P.23~
  一高への進学、内村鑑三塾への入門の話
  ・・・偉大なる先生の門弟の中に・・・有島武郎、志賀直哉、
  正宗白鳥・・・

三、斯く広大に建て給う神は御わざの尊しや P.34~

  当時の女学生の気質、一高合格、建築家から神の作った自然
  科学への転換などの話
  ・・・その頃の女子教育は下田歌子女史の「実践女学校」津田
  梅子の「津田英学塾」や成瀬仁蔵の「日本女子大」・・・遂に小
  杉天外の「魔風恋風」の小説を生み・・・

四、母逝けり P.45~

  日露戦争前後の思想、東大へ、危篤から死への話

五、友よ彼の祝福のために番茶の一ぱいもすするとしよう P.55

  生家の没落、父の事、八高への就職、

六、破れたれど、わが家は富めり P.64~

  配偶者紹介、四人弟妹の話

七、わが手をとれよわが神よわが行く道を導けよ P.74~

  八高基督敎青年会、生計逼迫、うどん先生、満州への話
  ---メモ---
   凭=ヒョウ、ビョウ、よる、もたれる
   掩=エン、おおう

八、大西洋の波濤よ歌え P.87~

  うた子すみれ、普闌天(フランテン)のハス、渡米の話
  ---メモ---
   菫=キン、ゴン、すみれ

九、墓前へ報告 P.99~

  古ハスの開花、ミイラ小麦などの話

┼、われ神より福祉を受くるならば災禍をもまた

                    受けざるを得んや P.110~
  日中関係、日本へ、当麻・曼荼羅の研究、戦火・府中への話

---
昭和41年=1966年
関連書籍

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年2月11日 (土)

「永遠の花」 大賀一郎伝記物語 市原三郎 花園詩人社 昭和41年 その2

口絵
 大賀博士の記念碑の白黒写真

巻頭歌揮毫
 元東大総長 南原繁

「永遠の花」によせて」 篠遠 喜人
  大賀先生は、名古屋市に新しくできた第八高等学校の生物学の
 先生を・・・。「人生は短く、学問は長く、宗教は強い」この信条に生
 きられたひとりの人の生涯の叙事詩は、永遠の花として・・・

 高野 忠興 元東大検見川農場主任
  市原さんは、大賀博士の晩年、博士に親炙された人でありまして
 ・・・三年がかりでこの誌をかき上げられ・・・わたしどもの知らなかっ
 たような事実が多くのせられて・・・博士についての唯一の正統な
 伝記となるでしょう。
 ・・・金銭にこだわらぬかわりに名誉にこだわったことは・・・
 ---メモ---
  親炙=しんしゃ。親しく接してその感化を受けること。
  歿=ボツ、モチ、しぬ。歿後=没後
  佩=ハイ、バイ、おびる、はく。佩用=はいよう。からだにつけて
                               用いること。
  尚ぶ=とうとぶ

序文 藤川 覚 日本哲学会会員
  ・・・七月十八日の開花記念日には・・・観蓮会が催され・・・市原
 氏は・・・その会の常連となっておられました。
  ・・・市原氏に博士はさっそくつかまり、・・・一生にわたるハスの
 研究歴その他につき、たっぷり三時間語りつづける羽目に陥られ
 ました。・・・
  ・・・みずから序文を書くおつもりの「永遠の花」の完成をごらんに
 ならず、偉大な人、大賀博士は長い眠りにつかれました。・・・

序文 高木 潤 岡山県吉備町町長
  ・・・先生は、よく心の服を着なさいよといった。心美しからざれ
 ば服又美しからず。・・・
 ---メモ---
  彰徳=ショウトク。人の善行を世間に広く知らせること。

多摩墓地にある博士の碑文を掲載

---
昭和41年=1966年
関連書籍

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年2月 8日 (水)

「永遠の花」 大賀一郎伝記物語 市原三郎 花園詩人社 昭和41年

長篇叙事詩 「永遠の花」 大賀一郎伝記物語 市原三郎 花園詩人社 昭和41年 B6判 P.222 定価500円

 この本は古ハスの開花に成功した大賀博士の伝記に近い読み物です。大賀博士自身も自著「ハス」内田老鶴圃 昭和35年「ハスと共に六十年」アポロン社 昭和40年で古ハス発掘や開花について書いています。

 11章から13章にかけてが古ハスの実の発見、開花のくだりですが、この箇所は前述の本にも書かれています。

 ちなみに大賀は「おおが」です。

 叙事詩というと読むのに抵抗がありそうですが、この本は6~7行の口語調で、文も短めで非常に読みやすいです。
 ただ、字が小さいのが難点です。

 古書界ではほとんど出ない本で、手元の本は世田谷区の古書店からの入手です。

【構成】
表紙
遊紙

口絵
目次
 巻頭歌揮毫
 序文
 序文
 序文
 序文

  一、ああ操山よ心あらば
  二、父なる神よその波路を
  三、斯く広大に建て給う
  四、母逝けり
  五、友よ彼の祝福のために
  六、破れたれど、わが家は富めり
  七、わが手をとれよわが神よ
  八、大西洋の波濤よ歌え
  九、墓前へ報告
  ┼、われ神より福祉を受くるならば
 十一、叩けよさらば開かれん
 十二、ああ検見川の地よ汝の名は
 十三、何も持たぬに似たれども
 十四、妻逝きぬ
 十五、われらは讃えまつる
 十六、ハスの花に神の栄光をたたえ

 巻末の言葉
 はすみ音頭
 著者略歴

 奥付
 ---メモ---
  毫=コウ、ゴウ、すこし、わずか 揮毫=きごう
  斯=シ、この、かく

---
昭和41年=1966年
関連書籍

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

より以前の記事一覧

ブログ村

  • にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
無料ブログはココログ