2018年4月 4日 (水)

「プランタ」 特集:水草 1994年5月 第33号 研成社 その5

歌の中の植物誌12 スイレンとハス(1) 安藤久次 P.51~
 執筆者は当時、広島大学名誉教授

 ・・・「蓮」という共通の漢字、またlotus(英・仏語)、Lotos(独語)、
loto(伊語)などの欧州語がスイレンとハスのどちらも意味すること
から、両植物はしばしば混乱して解釈されてきた。・・・

 日本の古典での出自の話

 1、スイレンとハスと月
  西洋の歌
   ハイネ、ガイベルの詩に出てくるLotosblumeの翻訳間違えの話

  日本の歌
   梁塵秘抄、山家集、金槐集、眞拾遺集の中での話
   蓮月尼(太田垣蓮月)氏の話

 2、蓮と恋
  マーラーの「大地の歌」の話
  中国での恋、愛、和合の意味

 3、ニンフとスイレン
  学名の由来の話
  ヨーロッパの歌曲での話

以上でこの雑誌の紹介は終わりです。

---
1994年=平成6年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2018年3月31日 (土)

「プランタ」 特集:水草 1994年5月 第33号 研成社 その4

水草の世界に見られる最近の変化 浜島繁隆 P.18~
 - 東海地方の場合 -

 執筆者は当時、高蔵高等学校校長

 ため池
  勅使池
   築造年、堤改修、養魚池への変遷の話
   1967,1970,1993の水草の種別生育調査表を掲載

  二村山下池
   墓地公園による水草消滅の話
   1968,1977,1984,1993の水草の種別生育調査表を掲載

  椀貸池
   1976堤の改修、弁財天の祠、コイの放流の話
   1976,1981,1990の水草の種別生育調査表を掲載

  濁池
   1979-1981の堤の改修の話
    冬季工事による水草復元

   1967,1976,1984,1990の水草の種別生育調査表を掲載

  牛池
   洲原池との関係、家畜排水、1981堤の改修の話

   1978,1983,1984,1990の水草の種別生育調査表を掲載
    改修前にはヒメコウホネが生育していた記録が載っています。

 農業用水路
  濃尾平野の水田地帯での20年ほど前の調査の話
   種数、出現率を記述

  15年前の名古屋の蟹江町源氏の水路の植生組成表を掲載

---
1994年=平成6年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2018年3月27日 (火)

「プランタ」 特集:水草 1994年5月 第33号 研成社 その3

水草の繁殖様式 角尾康郎 P.13~
 栄養繁殖の卓越
  ・・・種子だけが繁殖の手段である一年生の水草は30種あまり
  で、日本に産する水草全体の20%にも満たない。・・・

  有性生殖の話

 水媒花の進化
  水面媒と水中媒の話
  花粉の形などの工夫の話

 自殖性の水草
  閉鎖花の話

  ・・・自殖で結実するかぎり他個体や他集団との遺伝子の交換は
  なく、遺伝的に隔離された状態となる。・・・

 繁殖様式と遺伝的多様性
  酵素多型の話
  加古川水系のクロモの多型の話

 繁殖様式の研究と種の保全
  ・・ある場所を残すという条件で、別の場所が開発されることがあ
  る。・・・遺伝的多様性も含めた種の保存を考えるとき、このような
  行為には慎重でなければならない。・・・

---
1994年=平成6年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2018年3月24日 (土)

「プランタ」 特集:水草 1994年5月 第33号 研成社 その2

表紙
 ミズアオイ

口絵
 水草カラー6葉

日本の水草相研究 角尾康郎 P.4~
 執筆者は当時、神戸大学理学部生物教室

 日本の固有種
  ・・・などが日本固有種として挙げられる。しかし、これらの種が
  近隣の朝鮮半島や中国に本当に分布しないのかどうかは、ま
  だ確定できない。・・・

 遅れる日本の水草研究
  ヒシ属、コウホネ属などの分類の話

 絶滅危惧種の集中する水辺
  絶滅の危険性のある水草の共通点

 外来水草の繁茂
  ・・・最近はアクアリウム・ブームでさまざまな外来水草が日本に
  導入されている
ので、今後、その野生化が増えると予想される。

生態学から見た水草 國井秀伸 P.9~
 執筆者は当時、島根大学汽水域研究センター

 はじめに
  種多様性の話

 水草の概数
  ・・・水草の定義を、Cook(1990)に従い、「恒常的にあるいは毎年
  少なくとも数か月は光合成器官が沈水状態か水面を浮遊してい
  る状態となる水生維管束植物」・・・

  Cook(1990)による被子植物における水草の割合の表を掲載

  ・・・日本ではどうか・・・水田雑草、湿生植物などを含めた数は
  約500種になる。・・・

 熱帯で低い水草の多様性
  緯度からの多様性の話
  Crow(1993)による世界での水草の総種数の表を掲載

  ・・・Crow(1993)の・・・熱帯域(※熱帯地方ではない)の水草は
  定の種が占用する傾向にある
・・・

 水草の豊富さを決定する環境要因
  Rorslet(1991)の研究の話

  ・・・種の豊富さの変動をもっともよく説明するのは水体の面積で
  あると結論付けた。・・・

  ---メモ---
   管見=かんけん。自分の知識・見解・意見をへりくだっていう
              語。謙譲語

 おわりに

---
1994年=平成6年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2018年3月21日 (水)

「プランタ」 特集:水草 1994年5月 第33号 研成社

植物の自然誌「プランタ」 特集:水草 1994年5月 第33号 研成社 A5判 P.64 定価590円

 プランタは隔月刊行の雑誌で創刊1号は平成元年(1989年)1月発刊され、平成18年(2006年)11月の108号で休刊となっています。

 水草関連ではこの他に、「水辺の植物」を特集した第64号(1999年7月号)、「湿原の植物」を特集した第88号(2003年7月号)があります。

 執筆陣の多くは、現在でも日本の水草について研究や本の出版を行っている研究者です。とはいえ、内容や掲載されている表は平易で無理なく読むことができます。

 浜島繁隆氏は池の改修を冬期に行うことにより、後の水草復活にとって有効な理由を書いています。

 発行年も新しいため古書界にはよく出ています。手元のものは足立区の古書店から入手しました。

【構成】
表紙
口絵
目次 ※水草のみ
 日本の水草相研究 角尾康郎
 生態学から見た水草 國井秀伸
 水草の繁殖様式 角尾康郎
 水草の世界に見られる最近の変化 浜島繁隆
  東海地方の場合

 歌の中の植物誌12 スイレンとハス(1) 安藤久次

---
1994年=平成6年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年11月 4日 (土)

「採集と飼育」 特集:新しい水草研究 1989年8号 Vol.51 その4

水生植物の染色体研究/内山寛 P.348~
 副題 小型のものが多く、観察がむずかしい
 執筆者はこの時点では広島大学理学部植物学教室

 はじめに
  ・・・水生植物の染色体の研究は、あまり進んでいない。・・・そ
  の理由としては・・・

 染色体数と倍数性
  日本産水生植物の染色体数の表を掲載

  ・・・水生植物の全体では、染色体数は2n=20~40のものが多
  いが・・・

  ・・・水生植物、あるいは湿性植物には倍数体の多いことがしら
  れている。・・・

  ・・・生態上の新しい特性を獲得する、あるいは、きびしい環境
  条件に適応する要因として、倍数体が有利に働いているという
  指摘がある。・・・

 染色体の大きさ
  水生植物の染色体は、3マイクロメートル以下の小型なものが
  多い。・・・

 核型分析
  核型の説名

  ・・・大きなレベルでの類縁関係を明らかにするために有効で
  あることが示されている。・・・

 性染色体
  ・・・植物では一部の雌雄異株の植物で見つかっているにす
  ぎない。・・・

 おわりに

以上でこの雑誌の紹介は終わりです。

---
西暦1989年=平成元年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年11月 2日 (木)

「採集と飼育」 特集:新しい水草研究 1989年8号 Vol.51 その3

エビモの生活史研究/國井秀伸 P.343~
 執筆者はこの時点では島根大学理学部講師

 はじめに
  エビモ(Potamogeton Cripus L)は・・・繁殖は・・・止水域では主
  に”殖芽”
(turion)・・・地下茎はとくに流水域で発達している。

 川と池で異なる生活史特性
  千葉県の成東川での調査による結果と東金市の雄蛇ヶ池との
  比較

 外部形態のちがい
  ・・・流水域のエビモは、必然的によく発達した地下茎をもち・・・

  流水域と止水域での地上茎の長さ記述

 雄蛇ヶ池のエビモの生活環と成長様式
  1年間サイクルを図とともに解説

 成東川のエビモの生活環と成長様式
  池では殖芽形成後のシュートは枯死したのに対し、川では古い
  シュートから新しいシュートと根が形成された。その結果、常緑の
  群落
が維持された。

 殖芽の数と大きさのちがい
  池と川の殖芽の乾重、1平方メートル当たりの数を記述

 なぜ生活史特性がちがうのか
  水温の相違、殖芽の分散などの話

---
西暦1989年=平成元年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年10月26日 (木)

「採集と飼育」 特集:新しい水草研究 1989年8号 Vol.51 その2

※ここでは淡水産の水草についてのみ紹介します。

カラーページ 失われつつある日本の水生植物
 日本水草5種のフィールド写真
 広島県のいろいろなため池と水草群落 下田路子

特集にあたって/角野康郎 P.338
 執筆者はこの時点では神戸大学教養部助教授

 ・・・水中に生育する植物のうち、微小な藻類をのぞいたものを水
 草とよんでいる。・・・

 ・・・陸上植物の研究に比べて大きな後れをとってきた。しかし、こ
 こ10年ほどの間に日本の水草研究は若い力を得たのである。・・・

 ・・・日本の水生フローラは根本的再検討を要する時期なのであ
 る。・・・

水草群落 その種類と生育環境/下田路子 P.339~
 副題 日本では水草群落の研究がひじょうに少ない
 執筆者はこの時点では広島大学理学部植物学教室

 ・・・私が広島県のため池を調査した結果から、より具体的に水草
 群落とその育成環境を紹介したい。・・・

 ヨーロッパの水草群落
  Ellenbergみよる分類上の群鋼の話。表を掲載

 日本の水草群落
  ・・・これまでに日本で記載されている群集名をあげておく。・・・

 広島県のため池の水草群落
  西条盆地、大朝町、用倉地区、極楽寺山での群落名・出現種、
  種名の表を掲載

  岸近くの水が浅い所で見られる群落
   調査結果とリトレラ群鋼の関係

  水がきれいな池の浮葉植物群落(ヒツジグサ-ジュンサイ軍団)
   水田や集落との関係の話

  水が汚れている池の群落(ヒシ軍団)
   コウホネ、クロモ、フサモ、イトモ、オオカナダモとの話

 おわりに
  ・・・手遅れにならないうちに、水草群落の調査や保全が進むこ
  とを願っている。

---
西暦1989年=平成元年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年10月22日 (日)

「採集と飼育」 特集:新しい水草研究 1989年8号 Vol.51

「採集と飼育」 特集:新しい水草研究 1989年8号 Vol.51 B5判 P.338-P.376 定価620円

 この雑誌は1939年(昭和14年)に創刊され、1990年(平成2年)ま
での52年間刊行され、最終号は52巻12号でした。

 執筆陣は国内の研究者が多く、誌面数は少ないながらも内容の
ある紙面作りでした。

 この雑誌自体は古書界ではよく見かけますが、この号単体では
ほとんど見かけません。合冊やまとまった形で売られていることが
多いと思います。

 手元のものは札幌市の古書店より入手しました。

【構成】
表紙
口絵
目次
 特集 新しい水草研究 最近の動向
  カラーページ 失われつつある日本の水生植物
  特集にあたって/角野康郎

  水草群落 その種類と生育環境/下田路子
  エビモの生活史研究/國井秀伸
  水生植物の染色体研究/内山寛
  海草の生態とその保護/相生啓子

 以下略

---
西暦1989年=平成元年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

2017年8月 5日 (土)

大賀一郎関連書籍

大賀一郎関連書籍

このブログで紹介した大賀一郎博士に関連する本をまとめておき
ます。

---
昭和35年=1960年
昭和40年=1965年
昭和42年=1967年
昭和56年=1981年
昭和63年=1988年

日本ブログ村観賞魚 沢山ブログが集まっているサイト

より以前の記事一覧

ブログ村

  • にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
無料ブログはココログ