« 「アクアライフ」 昭和56年5月号 通巻10号 その3 | トップページ | 「アクアライフ」 昭和56年5月号 通巻10号 その5 »

2010年2月18日 (木)

「アクアライフ」 昭和56年5月号 通巻10号 その4

グッピー講座(4)最終回 グッピーの病気と対策法 2ページ
 1,白点病
 2,尾ぐされ病
 3,口ぐされ病(マウスファンガス)
 4,えら病(えら腐れ病)
 5,綿かぶり病
 6,松カサ病(立鱗病)
 7,栄養性障害
 8,意外な落とし穴

淡水魚飼育のテクニック(7) フナ 3ページ
 キンブナ
  一番多く見られる種

 ゲンゴロウブナ

  • 元来琵琶湖特産であったがゲンゴロウが、大阪で飼育改良され後、カワチブナの名で全国へ広がったものとされる。
    50cmを越える者も知られている。仲々水槽になじまず長期に生かす人は少ないようだ。

 ニゴロブナ
  琵琶湖特産で40cmを越える個体もみられる。

 ギンブナ

  • 他魚の精子を刺激剤として使うと、人工処女生殖を簡単に起こす。

 フナの採集法
 フナの飼育法

  • ゲンゴロウブナは食べる量が少なく、しかも長時間かかって食べるために、エサのやり過ぎによる水質悪化を招く。
    野生状態のフナを飼い始める時は、すでに慣れている個体と一緒に入れることによって、より早く水槽になじませることが出来る。

 フナと金魚の関係
 フナよもやま話
  ゲンゴロウブナの名の由来が2点書かれている。

 フナの産卵

シクリッドインフォメーション(4) 親と子の絆(3) 2ページ
 目か、鼻か、それとも側線か?

  • マウスブリーダーの稚魚は、水流によって反応し、その後視覚によって行動している。
    生得的解発機構(IRM)

 基質産卵魚の場合は?

  • 基質産卵魚では、稚魚の反応は視覚によって引き起こされている。

 効率のよいコミュニケーションのために

  • 基質産卵魚では稚魚は群を作り、マウスブリーダーではこのような群は形成されない。よって親魚の方を見ていない可能性も高い。

錦鯉メモランダム(5) 錦鯉の観賞池 3ページ
 地形の推移

  • 庭に造られる池は、園池または庭池と呼ばれる。
    室町時代には池の水面を「心」字の草書体にかたどることが流行した。心字池には、二つの中島が水面からつき出している。

 庭池選定の条件
 水槽飼育の実際
 水槽の設置

産卵生態シリーズ(2) パラダイスフィッシュの産卵 カラー3ページ

« 「アクアライフ」 昭和56年5月号 通巻10号 その3 | トップページ | 「アクアライフ」 昭和56年5月号 通巻10号 その5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アクアライフ」 昭和56年5月号 通巻10号 その3 | トップページ | 「アクアライフ」 昭和56年5月号 通巻10号 その5 »

ブログ村

  • にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
無料ブログはココログ